何らかの病気やストレスなどの原因による脱毛症状で髪の毛を失い、周囲の目が気になる人も少なくないはずです。今日では、医療用のウィッグを容易に購入できるようになったものの、未だ不自然なウィッグが多く、満足に外出することができないという悩みを持っている方もいらっしゃると思います。ここでは、ナチュラルなウィッグを選ぶコツを3つご紹介します。

1つ目は、ウィッグのテカリ具合です。ウィッグが不自然に見えてしまう原因は、毛髪の質と言われています。ウィッグは、人毛と合成繊維(以下、人工毛と表記)が使われており、人毛は自身の毛髪と同感覚で利用できますが、人工毛にはウィッグ独自のテカリがあります。現在は、テカリが抑えられたウィッグも登場しているため、購入する前に一度テカリ具合を確認することがよいでしょう。

2つ目は、毛髪の分量です。ウィッグの毛髪の分量は非常に重要です。分量が多いと不自然なイメージを与えるため、自身の顔の輪郭や頭の大きさなどに合った分量に適応することで自然な仕上がりの毛髪を演出することが可能です。

3つ目は、つむじや分け目、生え際です。つむじや分け目、生え際を帽子などで隠されている方もいるかと思います。しかし、多くの方がウィッグのみを付けたいと考えているでしょう。ウィッグを付けた時、不自然なところにつむじや分け目、生え際がある場合、不自然な仕上がりになってしまいます。ウィッグを選ぶ際はこれらの3つのコツを押さえて、自然な仕上がりの毛髪を手に入れることができます。

ちなみに、医療用ウィッグ通販を行っている「REIZVOLL」では、特許を多数持っています。その為、自然に見える医療用ウィッグを追及しています。

特許を多数有するライツフォルの医療用ウィッグは、患者さんに優しい素材を用いて快適で、何より自然。

無料試着もできますので、一度試してみてもいいかもしれません。