医療用ウィッグを選ぶ際、見た目や付けた時の自然さなど、様々なポイントがあります。その中でも優先したいポイントの1つに通気性があります。暑い季節には、ウィッグの通気性が非常に重要となってきます。ここでは、そんな暑い季節に付けるウィッグの注意点をご紹介します。

夏のウィッグは、汗によるベタつきや蒸れなど、ウィッグ内部を綺麗に保持するのに苦労します。とりわけ抗がん剤による影響で毛髪を伸ばしている段階の方にとっては、毛髪・ウィッグ・頭皮を整えるのが非常に大変です。しかし、医療用ウィッグの内部の蒸れを放置すると困ることになる可能性があります。

人の汗は、エクリン腺とアポクリン腺から出てくる2種類の汗があります。アポクリン腺からは脂質を含む汗が出ており、皮膚に潜んでいる常在菌という細菌が食べています。また、アポクリン腺は耳の後ろや脇にもあり、細菌が増えることで臭いが強くなっていきます。そのため、ウィッグの中で汗をかかないことで、ウィッグの衛生面を保持し、頭皮へのダメージを緩和することもできます。

医療用ウィッグの暑さ対策は実に様々な手段があります。例えば、地肌とウィッグ間に汗を吸収する素材を挟んで取り付けたり、汗を吸い込むインナーキャップ、暑い時期などに考慮していくつかウィッグの予備を用意しておくとよいでしょう